プロフィール

アンジーのママ

Author:アンジーのママ
アンジー(女の子)
本名:Angelina (アンジェリーナ)
2008・6・8生まれ
バディ(男の子)
2009・11・15生まれ
ネオ(男の子)
2010・1・11生まれ
リキ(男の子)
2013・5月生まれ
我が家の天使たちをどうぞヨロシク❢


カレンダー



tuna.be


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


FC2カウンター


カテゴリ


最新トラックバック


フリーエリア


検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジーのお兄ちゃんとお姉ちゃん③

ラストは マックスのお話です。 ハンカチを用意して 読んで下さい・・・

マックスが我が家に来た時は 当時9か月のポーナと変わらない位小さくて

コロコロしてました。 でも その可愛らしい体形に似合わない 鋭い顔をしていました。

目元はまるで 歌舞伎役者のクマドリのようで 悪魔みたいでした。

名前の候補に『デビル』が上がったくらいです。
CIMG0843.jpg

                    こんなに大きくなっても 『クマドリ』 残っているでしょ!!

CIMG0845.jpg

                   外の雨がひどいので お家に入れてあげました。  
                写ってませんが 視線の先にはゴマちゃんのぬいぐるみが あるんです~!!


でも ホントに優しくおとなしいワンコでした。 ポーナがじゃれて 耳の中をなめても

怒ることなくじっとしているし いたずらする事もなく 手のかからない子でした。

ペットサロンの人からも『こんなにお利口なワンちゃんは 見たことないですね』と

お誉めの言葉をもらった程でした。

大阪城やお祭りに行ったり キャンプやスキーなど いつも一緒でした。



急に ポーナが亡くなったので マックスも心配になり健康診断を受けました。 

すると・・・『心臓がかなり弱っていて痴呆も見られます』

衝撃的な診断結果でした。 

それから 日に日に衰弱し 今まで失敗した事のない オシッコやウンチが

間に合わなくなってきました。 家族の願いも虚しく ポーナが亡くなって20日後

あとを追うように 大好きだったパパの腕に抱かれて旅立ちました・・・

まるで 先に天国へ逝ったポーナが 寂しい思いをしないよう そばに行ってあげなきゃと

急いで逝ってしまったみたいな気がします・・・・





 
スポンサーサイト
Next |  Back

ふくママ=のこママ

20日しか経ってない、というのが辛すぎますね 、、、
なんだか申し合わせたみたいですもんね!
マックス君は、14歳だと長生きですよね~ かなりの大型犬ですから。。

なかなかワンコの症状は、見分けが付きにくいですもんね。。
こっちが気が付く頃には、結構キツクなってる事が多いのかもしれません ・・・
ワンコは、痛みに強いから尚更ですね。。

考えたくないけど考えちゃいますね~ 先の事を ・・・

2009/10/11(日) 11:14:20 |URL | [ 編集]

アンジーのママ

 そうですよね~・・・

 アンジーはまだ1歳ですが いつかそういう日が来るんだと思うと

 たまらない気持ちになりますよね・・・

 言葉を話せない分 痛みとか辛さがわからないし マックスもポーナも

 幸せな生涯をだったのかなぁと よく思います。

 少しくらい いたずら好きでも おてんばでも 健康で長生きしてくれたら・・・

 それが一番ですね!!

 

 

  

2009/10/11(日) 20:57:41 |URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。